img

ストレスについて

現代人はストレスが溜まりやすい環境にいる人が多く、誰でも多かれ少なかれストレスを抱えているといってもいいと思います。
ストレスを溜めてしまう原因は、時間に追われた生活を送っている場合や、人間関係など、様々な物があります。精神的な緊張を与えられたり、心労が重なるなどといった刺激をストレッサーと呼び、そのストレッサーが原因で引き起こされる生体機能の変化がストレスです。

それを溜めてしまうと、体ばかりではなく、心にも支障をきたしてしまいます。うつ病などの心身症はもちろん、あらゆる病気の原因にストレスが関わっていると考えられています。
例えば、男性の働き盛りに自殺が多いというのも、その1つです。30代から40代の男性というと、仕事でも責任のある世代になってくるので、職場での人間関係も難しくなってきます。毎日の仕事で、少しずつ溜まっていったストレスに心が耐え切れなくなり、最悪の事態になってしまいます。

高血圧などの生活習慣病や、様々な病気に絡んでくるストレスは、できるだけ溜めないようにしていった方がいいと、誰もが思っていますが、実際にどうやって実行すればいいのでしょうか。
マッサージなどのリラクゼーションを受け、心を解放するという方法もいいでしょう。何か自分が夢中になれる事を見つけ、それに没頭するのも効果があります。おいしい物を食べに行ったり、逆に何もしない休息の時間をとるといった方法もあります。
心と体は、大きく関わっています。毎日を気持ちよく過ごす方法を見つける事が重要です。

コンプレックスがストレスになっていませんか?